選出された場合

| 未分類 |

数年前から日本でも裁判員制度が採用されていますが、この制度の目的としては閉鎖的な司法制度の仕組みを多くの一般人に知ってもらう点と、一般人の罪に対する考え方を取り入れる事でこれまでの判決の決定の方法により多くの一般人の意見を反映させる事で開かれた司法制度を作る事にあります。

海07

しかしこの制度には賛否両論の声も上がっており、裁判の判決を一般人意見を取り入れる事は選出された人に大きな負担をかける事と選出された人は守秘義務も課せられますので、一般人としてはとても責任の大きな役目になりますので裁判の際に衝撃的な証拠物件を見た時のショックが精神的な疾患に陥らせる事も少なくは有りません。

 

もし裁判員に選出された場合は同時に大きな役割を担う事になりますので、特別な事情が有ったり高齢者などの場合は辞退する権利も認められる場合も有りますが、多くの人は出席する様になっていますので裁判員としても大きな役割を担っている人も現在はかなりの数になっています。

 

しかし裁判員にとって一番辛いのは裁判での求刑が死刑の場合は被告人の生命を預かる責任が生じますので、責任の大きさも特別な物で裁判員にとっても判決を下すのはとても辛い行為になるのは間違いないのですが、役割上証拠物件に基づき感情的にならず公正な判断を下す事が求められています。