裁判を傍聴する為には

| 未分類 |

裁判が開かれていれば、事前に申し込まなくても、非公開の事件を除き、自由に傍聴することが出来ます。
どのような事件があるかは、法廷の入り口で掲示している開廷表で確認をすることが出来ます。
又、玄関ホールに備え付けている所もありますので、どのような裁判が行われているのか一目で確認することが出来ます。
事件により、世間から注目を集めている場合は、希望者が多くなりますので、傍聴券が必要となります。
ニュース等で、入場券を求めて行列が出来ている光景をしばしば見かけることがあります。

 

 

法廷内での注意事項ですが、全て裁判長が、秩序を保つために必要な措置を取りますが、その場合は指示に従ってください。

 
又、入り口には注意事故が記載されています。

 
注意事項は全て常識的なものですが、1)審理の妨げにならないよう大声を出さない、大きな声で話さない、2)示威行動・集会・座り込み、3)放歌高唱、4)旗・のぼり・横断幕・プラカード・拡声器の持ち込み、5)銃器・凶器・爆発物や危険物の持ち込み、6)写真機・録音機に類する物の持ち込み、7)職員への面会の強要、7)その他管理に支障がある行為等ですが、これらに違反した場合は、法廷からの退場を命じられます。

 
携帯電話等の音の機器の持ち込みについては、事前に注意がありますが、電源を切る必要があります。