平成21年5月21日から裁判員制度という制度が導入されました。
裁判員制度とは、選任された国民が裁判員として一定の重大な犯罪の刑事裁判に参加し、裁判官と一緒に被告人が有罪かどうかの判断をしながら刑を決めていく制度のことをいいます。
この裁判員の選任方法は、各地方裁判所が作成した20歳以上の選挙権をもつ国民の候補者の中から選ばれます。
原則として裁判員の辞退をすることはできませんが、高齢の場合や重い疾患により裁判所に行くのが困難な人などは辞退できる可能性があります。
裁判員裁判は、殺人や強盗致死傷、傷害致死、現住建造物等放火などの重大な犯罪裁判に限ります。
しかしこれらの裁判でも、被告人の言動などで裁判員やその家族に危害が加えられたり、生活の平穏が著しく侵害されるおそれがあるような事件の場合、裁判員は参加しないことがあります。
このように裁判員の参加が非常に難しいような事件と判断された場合は、裁判官のみで裁判を行うことがあります。
裁判員制度の導入により、裁判に対する国民の理解が深まり、司法への信頼感が高まることを目的としています。
裁判員の経験を通して、自分を取り巻く社会についてより身近に感じることができるでしょう。